育毛剤と塩化カルプロニウム

塩化カルプロニウムとは?
あまり聞きなれた言葉ではありませんね
この塩化カルプロニウムというものは
医薬品として取り扱われるもので、
育毛剤に使われる成分です。
塩化カルプロニウムとはどのような作用があるのでしょうか?
主に血管拡張、血流の増加による血行促進作用があります。
抹消血管の拡張により毛根に
栄養が送り込まれる仕組みになっています。
塩化カルプロニウムは1968年に開発され
元は胃下垂の治療薬として使われていた成分です。
ミノキシジルも同じ作用があり、
多くの育毛剤に使われています。
同じ作用があるにも関わらず、塩化カルプロニウムより
ミノキシジルのほうが知名度が高いのは不思議ですが、
これからは塩化カルプロニウムにも
注目していただきたいと思います。
塩化カルプロニウムを主成分とする育毛剤には、
カロヤンがあります。
医療機関でも使われており、
安心して使える育毛剤とされています。
しかしながら血管を拡張するということで
副作用についてもおさえておくべきでしょう。
ほてり、発汗、頭皮のかゆみ、かぶれ、
吐き気など、絶対的ではありませんが、
少なからず副作用の心配もあるようです。
副作用が起こった時は速やかにしようを中止しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>